HOME >  Hagoromo ブログ > クラブの活躍 | 赤十字活動・ユネスコ活動 >  ユネスコ・ボランティア交流ツアー

Hagoromo ブログ

●カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ユネスコ・ボランティア交流ツアー

2014年09月18日

 

高校ボランティア部は、この夏<東日本大震災を心と記憶にとどめるユネスコ・ボランティア交流ツアー>に参加しました。

 

 

日本ユネスコ協会が、震災から3年半がたち東日本大震災への関心がしだいに薄れてきている中、被災地でのボランティア活動と地元の青年との交流を 目的として8月に企画したものです。

今回、参加したのは、3年の岡本さん、2年の柴田さんです。

 

 

14091801

 

下記に柴田さんの手記を掲載します。

「2日目、岩手県の気仙沼へ。リアスアーク美術館では、津波で流された生活用品や車などが展示されていて衝撃を受けました。 シャークミュージアムでは、実際に被災された方から津波が起こったときのリアルなお話をお伺いしました。 この日は大島へ民泊でお大変お世話になりました。」

 

14091803

 

「3日目、大島へ渡りました。海も空も青々としたこの島には、3年前はいろいろなものが流されて浜は生活用品や車など漂流物で いっぱいになっていたそうです。まったく想像ができませんでした。ここでは、ゆず農園の雑草刈りのお手伝いをしました。 自然がいっぱいで、きれいなところなので、いろんな人にも行ってもらいたいと思いました。」

 

14091802

 

「4日目、陸前高田へ。新沼さんという方から、ニュースでは取り上げられない悲しいお話もお聞きしてつらい気持ちになりました。 午後には気仙沼高校を訪問しました。被災した同じ年代の方のお話は、また大人の方とは違ったものがありました。 校舎は被害を受けたまま残されていて衝撃的でした。」

「『震災で目にみえるもの、数えられるものは失ったけれど、形のないもの(被災したことで助け合ったりしてうまれたもの)を たくさん得た』という言葉がすごく印象的で、自分もがんばろうと思いました。」

posted by HAGOROMO GAKUEN at 17:52 | クラブの活躍 | 赤十字活動・ユネスコ活動 |