HOME >  Hagoromo ブログ > 国際交流 >  大阪府・ベトナム交流事業④

Hagoromo ブログ

●カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

大阪府・ベトナム交流事業④

2018年01月14日

 

大阪府のベトナム交流事業・高校生相互派遣、現地から四日目の報告です。

 

<ホーチミン4日目>

本日はチャンダイニア特別校を訪問しました。昨日と同様、早朝7:30からの交流です! 朝早いです(笑)

 

チャンダイニア特別校は中高一貫校で、ホーチミン市の中でもトップレベルの学力を誇る学校です。 学校に着くと、校庭で元気よく走り回る生徒たちとすれ違いました。彼らは6:45には教室で朝礼を行い、朝から活発に身体を動かしているそうです。朝練みたいに早いです(笑)

 

PIC_0070

 

歓迎セレモニーでは、まず日本の学生のプレゼンから始まりました。

今回が羽衣学園最後のプレゼンです!発表内容は中山さんと長尾さんによる、「大阪の観光魅力プレゼン」でした。大阪といえば、ユニバーサルスタジオジャパン、大阪城、道頓堀の観光スポットトップ3があります。そのうち、”ユニバ”の「インスタ映えするスポット」の説明に入ると、生徒の顔にも笑顔が生まれました。 チャンダイニアの皆さんも日本の学生と同様、お気に入りの写真をインスタグラムにアップしているようです。

2025年大阪万博誘致の話もきちんとできました。しっかり大阪の魅力をアピールできましたよ!

 

PIC_0080 PIC_0072

 

チャンダイニア高校の生徒からはベトナムの伝統的なお菓子をいただきました。大変おいしかったです!

その後、大阪チームの出し物としてみんなでドラえもん音頭を踊りました。学校交流の出し物として練習してきたドラえもん音頭ですが、ご覧のように大変盛り上がりました。

 

PIC_0078

 

驚くべきはベトナムの生徒の飲み込みの早さ!理由を聞くと、そもそも生徒らはドラえもん音頭を知っていたとのこと!ベトナムではドラえもんがかなりポピュラーなようです。

 

PIC_0082 PIC_0083
PIC_0075

 

その後2グループに分かれて授業に参加しました。羽衣チームは英語の授業に入りました。 チャンダイニアの英語の授業は、アイスブレーク→リーディング→トピックの ディスカッション→まとめ発表のプロセスで進んでいきます。会話の流れがスムーズで、大学のディスカッションを彷彿とさせるような雰囲気です。

 

PIC_0084

 

チャンダイニア特別校の生徒が積極的に英語に励む理由の一つに、「留学」が挙げられます。 例年、一学年900人のうち100人近くが進級をする際に海外へ留学するそうです。 この学校の生徒にとってみると、英語学習=留学や将来の夢につながる大事なステップなのです。彼らの英語学習の目的ははっきりしています。目的意識がはっきりしているからこそ、自ら学ぶ姿勢を崩さないのでしょう。 私たちも見習いたいと思います。

 

PIC_0085

 

途中、羽衣チームが前に出て発表を行いました!

発表の仕方もユニークで、椅子取りゲームで勝った生徒が発表できるというシステムでした。そうです!ベトナムの生徒は、発表できる、すなわち、自分の意見を言える場を持てる、そのことにとても喜びを覚えるのです。この雰囲気の中で授業を受けていると自然と羽衣生にも笑顔がこぼれます。とても良い雰囲気でした。

 

PIC_0090

 

お昼ご飯を学内でいただき、午後からはホーチミン市の市内研修に出かけました。

33度という高い気温ですが、生徒たちはみんな元気いっぱいで、モリモリとご飯を食べていました。

 

PIC_0093

 

まず向かったのは戦争証跡博物館です。ベトナム戦争の歴史や当時使われた資料などが展示されていました。教科書でしか知ることのなかったベトナム戦争について、自らの目で生の資料を見ることができ、大変貴重な機会となりました。

 

PIC_0094

 

その後向かったのはベンタン市場。ホーチミン市の中でもとても規模の大きい市場です。

2000軒以上の店が立ち並ぶその姿は、先月高校2年生が修学旅行で行った台湾を彷彿させます。 市内でも有数のお土産店やホテルが立ち並ぶドンコイ通りでは、可愛らしい小物やアクセサリーがたくさん並んでいました。

 

PIC_0097

 

そして夜はホテルでミーティングをし、ここまでの旅の振り返りを行いました。

この3日間の研修を経て生徒たちの表情にも変化が見られました。 羽衣学園チーム唯一の1年生長尾さんは「初日に比べて会話の量が日に日に増えていった。今後もこういった海外の人との交流を増やしていきたい」と今後の抱負を述べてくれました。2年生の中山さんは、ベトナム・ホーチミン市の学生のレベルの高さに驚いたと言います。「英語のみならず、日本語も堪能で驚いた」のコメントに頷く皆さん。

 

PIC_0099

 

ボランティア部部長の山口君は「自分の持つベトナムという国のイメージが変わった。教科書からは見えないベトナムの人のエネルギーを感じた」と言いました。また、自らの国際交流に対する意識についても「人とコミュニケーションするときは笑顔が大切。相手の話を聞く姿勢について考える機会になった」と述べてくれました。ミーティング後はデイリーレポートを仕上げ、早朝からの充実した一日が終わりました。

5日目、最後のベトナム研修の様子は、来週のブログで報告する予定です。お楽しみに!!

 

 

 

posted by HAGOROMO GAKUEN at 08:00 | 国際交流 |