HOME >  Hagoromo ブログ > クラブの活躍 | 国際交流 >  ボランティア部・海外研修報告③

Hagoromo ブログ

●カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

●過去ログ

ボランティア部・海外研修報告③

2016年01月22日

 

いよいよプレゼン本番!!! 年末恒例海外研修「ASEP 2015IN台湾」の報告続きです。

 

ASEP5-5[1]

 

12月29日

プレゼン大会当日がきました。本年度は” Travel and learning.” がテーマです。

ASEPがありがちな国際協働プレゼンと大きく異なる点が、プレゼン作成においてテーマを自分たちで見つけたり、自分たちの問題として捉えようとするのが特徴です。 文化や環境の違う国同士が国を超えてひとつの結論に持っていくには、作成過程で必ず「衝突」が起きます。 それを共通言語の英語で交渉したり、説得・理解し、「8分間の内容」に仕上げていくのです。 そのために必要な能力は何なのか?作り上げていく段階で、参加者である生徒自身が気付いていくきっかけとなるのです。

 

ASEP5-2[1] ASEP5-4[1]

 

会場の高雄男子高校で行われた開会行事のあと、いよいよプレゼン大会が始まりました。

特に1年生は初めての海外でのプレゼンでもあり、すごい緊張感の中でのプレゼンでしたがしっかりとやり遂げることができました。 一方2年生と3年生は2回目のメンバーがいい雰囲気の中で発表を仕上げてくれました。

 

ASEP6-1[1]
ASEP6-4[1]_(2)

 

これまでのプレゼン準備では、厳しい指導を受けたり、台湾に入ってからもホームステイ先で夜遅くまで練習を行いました。 その努力が実り、表彰式では2チームともはプラチナ賞(ベストコンテンツ)をいただくことができました!!!

これまでの苦労と達成感から表彰式では泣き始めるメンバーもいました。みんな素晴らしい経験をしました!

 

ASEP5-7[1] ASEP5-9[1]
ASEP5-10[1] ASEP5-8[1]

 

そしてお楽しみのフェアウェルパーティーでは、今年もカルチャーパフォーマンスや演奏、歌ありダンスありの様々なパフォーマンが登場!!

最高の盛り上がりを見せました!!

 

ASEP5-6[1] ASEP5-11[1]
ASEP6-5[1] ASEP6-6[1]

 

12月30日

楽しみでありながらも、不安もあった今回の研修。しかし振り返れば、あっという間の高雄の4日間でした。

最終日は、午前中各校に訪問してそれぞれの健闘を称え合いました。 また各学校でもフェアウェルパーティー開いてくださり楽しいひと時を過ごしました。

そして…涙涙のお別れの時間が来ました。

今回も参加生徒は本当に忙しかったのですが、立派に発表を成し遂げてくれました。

生徒たちは、楽しいとか面白いだけでなく、悔しさもたくさん経験しました。 絶対にもっと英語を話せるように頑張る!!さらに成長して高雄に戻りたい!! 最高のおもてなし方を学びました。と関空で言ってくれたメンバーたち。 短い研修期間ではありましたが、とんでもなく成長した姿を見たように思いました。

 

ASEP6-3.jpeg[1]

 

今回の研修を現地で聞いた言葉で締めくくると

「あらゆる者にとって時間というものは公平です。同じように過ぎてゆきます。 ただし、過ぎ去った時間の中で得たものをしっかり身に着けた者にとっては 過ぎればすぎるほど有り余る獲得となって残っていく。」 「一瞬のために これからも頑張ろう。」

そして今回の高1と高3のプレゼンの言葉が心に響きます。

The world is a book and those who do not travel read only one page.

 

 

ASEP6-4[1]

 

以上、今回の台湾研修は、「ASEP」「インターアクトクラブ」ともに現地スタッフのおかげで 本当に素晴らしいものになりました。

お互いに参加国についての事前学習もしっかり行い、また、現地のご家庭にホームステイする ことによって、両国の生活習慣や風俗の違いを身をもって体験することができました。

今年も羽衣学園は、ボランティア部はもちろんのこと、学校全体で海外の学校と交流する機会を積極的に作っていきたいと思います。

 

posted by HAGOROMO GAKUEN at 11:31 | クラブの活躍 | 国際交流 |